ちょぼのひびおも

地方在住のちょぼの日々の思う事

他人のものを奪いたい男(女)

これ、どこにでもいますよね。

 

他人の好きな人に、ちょっかい出す。

他人が欲しがってるものを先にゲットしようとする。

 

こういう人間どう思いますか??

 

「何でも欲しがる人は、人間的に成熟していない人だと言えます。精神的に子どもですね。逆に言えば、相手に譲る人は、成熟した大人だと考えられます。どれだけ欲しがるかで、人間的な成熟度や器の大きさがわかるというわけです」(内藤先生)

他人から奪いたがる人の心理(2016年1月13日) - エキサイトニュース

 

 

前もね、そんなことがありましてね。

付き合う前段階で、ちょっかい出してくる男がいて、我が物顔でその女のこにべっとりだったことがあったんですね。

 

その子は迷惑そうでした。

でも誰も止める人がいませんでした。

私は付き合うか付き合わないかの状態で、そんなことをするものだから気が気ではありません。

ですが、大人だからどっしり構えておこう、なんて思ったのが間違いだったのです。

 

結局彼女は、そのどうでもいい男と二人で飲みに行き、こっぴどく振られたのでした。

私はというと、そんなひどい行動をした女性を許しはしたのですが、

女性側がもうNGになってしまって、結局付き合えず、、、。

 

という経験を過去にしておりまして。

 

 

今回もね、好きな子に、ちょっかい出してくる男。

相手が断りにくい立場にいるからといって、延々1時間もしつこくしつこく言いよる。

 

今日もきましてね、

場の雰囲気は沈みました。

 

「あの件、どうなりました〜」と聞いてくるソイツ。

明らかに、警戒されている雰囲気にも関わらず、

断りづらいという立場だけを利用して、環境型ハラスメントを行ってくるそいつ!!

 

 

俺は何をしたかと言いますと、

水の入ったコップを、

「コン」

と置きました。

 

 

いつもは静かに置くコップを、

「コン」と音がなるように。

 

盛り上がりそうな時に、「コン」と。

 

 

何一ついってません。

 

 

ですが、静かになるのですよ。(笑

 

 

また盛り上がってくる時「コン」と。

 

 

これで静かになります。

 

あれ?なんだろう。

と思うわけです。

 

一時撤退して、あれは、偶然だったのかも、、、と思うのでしょう。

またやってきたそいつ。

 

また盛り上がりそうになって、

三度目「コン」とコップを置く。

 

 

これはですね、

あなたの話はきていますよ、という主張な訳です。

しかも、客観性を伴う、第三者からのシグナルなので、

次、何を言われるかわからないという状況に陥ります。

 

そうすると、だいたいやめれます。

 

威嚇射撃と同じです。

 

こういうのは、盛り上がる前にしないといけません。

威嚇射撃も、攻撃している最中にはほとんど効果ありません。アドレナリンがでて、止まらないのです。

こっちが攻撃しようとしている時に、そんな冷静になる人はいないのです。

 

ですから、考えられる段階で先手を打つ必要があります。

 

なんでも「客観性」が大事です。

ハラスメント、イジメも、客観性が保てていれば起こりません。

 

 

 

さて、他人のものを奪いたい男や女ですが、

彼らは自分の自身というのは、誰かと比べないと形成されないと思っています。

 

まぁ、人間誰でもなんですが。

 

それが、他人のモノなわけです。

 

自分の男としての力、男としの魅力を感じるには、

誰かの彼女を、奪うことくらいできるんじゃないの?という歪んだ認識をして、

奪えたら俺はあの人より魅力的だと認識したいのです。

歪んだ欲求です。

 

この欲求がわかっている人は、

お前には無理よという引導を渡してあげないといけません。

 

自分のものを守れない男は、男でないです。

 

わかりますかね。

 

こういう、なんというか、ハイエナのような男に、

思いやりなんか持つ必要ありませんよ。

大事なのは、彼女(彼氏)です。

その男(女)ではない。

その男(女)の人生が今後どうなろうと知ったこっちゃないのです。

大事なのは彼女。(彼氏)

 

人を守るってことはそーゆーことなのです。

 

許しましょうなんてのは通じない。

ちょっかい出してくる人間?

そんなの恥をかかせてあげればいい。

何度でもOKでしょう。

立ち上がれなくなるくらいおとしめてあげましょう。

それでいいんです。

 

男と男なんですから、

弱っちい男の今後の人生など考える必要はありません。

 

許すなんてのは、弱い男がするものだと思います。

優しそうだからとタカをくくられるのです。