ちょぼのひびおも

地方在住のちょぼの日々の思う事

マイクロマネジメントの巻

うちの会社はまぁトップダウンな訳ですが、全く部下に権限を渡しません。

 

ちょっとのことで不機嫌になり

常にマイクロマネジメントが正しいと思っています。

 

親か!

恋人か!!!

奥さんか!!

旦那さんか!!

 

っていうくらいあれこれ指示をしたがります。

 

もちろん周りにはイエスマンしかいません。

もちろんその上司以上に知ってるやつは除け者にされます。

 

リーダーと上司以外に話す価値がありません。

 

リーダーと上司以外の人間は、

誰かのネタを探して上司やリーダーに告げ口する事で株を上げようとするので、社内は静まり返っているのに噂話だけが裏で回っています。

 

基本リーダーと上司のみの会話になる為、正しい情報は入ってこない、、

、、ので、噂がすでに「想像のレベル」「空想レベル」「都市伝説レベル」でそれが上司に伝わって評価になります。

 

彼らは実際の仕事で評価するのではなく、70パーは噂(想像)で評価します。

なので、忘れてるなーって思ったらこちらから成果を出したであろう案件を投げてやらないと行けません。

そうすると思い出したようにあぁそれはそうだったなと言ってもらえます。

 

そしてマイクロマネジメントな上にマッチポンプなので、

自分で事細かいことをネチネチと指示して何度も修正した挙句に、悪いのはその作業者としてもっと早くならないか出来ないか、となり、

何度も悪い悪いといい結果納期に遅れる遅れると騒ぎ立て、

もうやばいという段階でやっとスケジュール延長します!となり。

 

メールには作業者からの

「ありがとうございます!!」

が流れます。

 

なぜか、酷いことをしてるのに最終的にはありがとうございますなんですね〜。

 

普通逆ですよ。

 

「あんたが細かい修正だすからスケジュール押して伸びるんだよ」

と言いたいのですが、

これがマッチポンプなんです。

 

物は考えよう。

 

マッチポンプ人間(なのか真性の馬シカなのか)のやり方もしっかりと覚えておきたいですね。

 

 

こういう人間がリーダーになっていくと思われてると思います。

 

でも俺は思いません。

こういうことをやるのは馬シカだと思います。

 

なぜか。

 

ここで、本人は「ありがとうございます!!」

と言われて嬉しいでしょう。

俺はうまくあいつらの印象をよくしてるなーと思ってるんでしょう。

 

その辺が愚かなんですけど、

そんな風なやり方よりも、やはり気持ちよく仕事をして、お互いに利益だなと思える方に、人は動くもんです。

 

なのでデザイナーの私に色々と実は相談がきます。。。

 

ぶっちゃけ、そのマイクロマネジメントのディレめちゃくちゃ嫌ってます(笑

人気ないです。

でも会社は評価をする。

 

仕事上では失敗も成功もしてないでしょう。

 

まぁ失敗しそうな案件をなんとかやってるのを見て、これまた愚かな会社は、そういう人間をよくやってると評価するんでしょう。

 

これまでのリーダーってのもなんとなくずる賢くバカなのか鬼畜なのかわかりづらいやつだったんですが

おそらくそれは評価する奴がバカなのです。

マッチポンプのことを知らないか、マッチポンプをするようなやつの方が賢いと思っているか、どちらにせよ馬シカです。

 

こちらのHPにもありますが、、、

http://shitataka.mco9.info/entry18.html

 

アホでケチなディレは、マイクロマネジメントでギリギリやって成功したと勘違いしてるんですけど、

私はお互いに気持ちいい取引を目指すので、

そんなことはまずしません。

放任とも思えるようなくらいなにもしません。

彼らは「不安」という武器を使いますが、

私は「信頼」という武器を使います。

道筋を教えるだけで、あとはやり方などは全部お任せします。ただ結果だけはよくしてねと。

権限は作業者に渡します。

信頼していれば、なにも言わないのにやってくれます。

どんなにお尻が詰まっててもやってもらえます。

不思議ですよ。

お互いに好きになれる関係です。

 

 

こういう私のようなリーダーシップと、

古いマッチポンプを使うリーダーと、

組織的にどっちが求められているかは重要です。

 

古いタイプの組織には、私のようなドラッカーのマネジメントを読んでるようなタイプは不適切な存在です。

 

ですから活躍できる組織は別だってことですかね。

 

自分がどちらのタイプか、どちらのタイプの人間になりたいか、その姿勢が長い年月かかって学んできたものと切れ味も変わってくるのかなと思います。