ちょぼのひびおも

地方在住のちょぼの日々の思う事

交渉と信頼は別w

筆者はしがないウェブデザイナーですが、

福山の「福のラジオ」を聴いて、

狡猾さとか交渉ごととかのことを言っていたのでちょっと気になってブログします。

 

 

うちの会社はそんなにポジションがあるわけではなく、社長、常務、部長クラス、リーダークラス、一般社員という感じです。

んでリーダークラス以上は基本全権を持ってるといっても過言じゃないです。

「リーダー以上」以外の人間が何かやれば煙たがられる。

(まぁどこもかもしれませんが、普通は個々人に発揮できる分野や役割があるはずです)

だから新人研修も部長がやるという間抜けなことをしだすわけですね(笑

 

私がこの会社に入った瞬間、こりゃやばいなと思ったのは新人に対して自分の持ってる権威で圧力をかけてきたときです。

 

f:id:insight3939:20170916154046j:image

(写真は黒革の手帖で交渉に失敗してるところ)

 

そんなに主張しなくとも、あんたが部長なのはわかってますよ、と私は思ってるにもかかわらずそしてそういう態度をしているにもかかわらず、交渉してきます。

 

そんなのバカじゃないんだからわかりますよね?

普通わかります。

 

ですからそういう単純な交渉ごとをされたときは断るようにしています(笑

 

f:id:insight3939:20170916154026j:image

 

 

スケジュールのきつい仕事を持ってきて

「できないなら、別の人にお願いしますが、、、どうしますか?」

という交渉です。

 

これ、対外にやる交渉でして、これを身内にやってきた時点でその人の交渉術のレベル感がわかるわけですね。

 

普通に頼めば飲むものを。。

 

 

私は独立してきてそういった下手くそな交渉してくる人間と何度も会い、その結果はほぼ支払わないだったりその時の約束はされないまますぎていくのがわかってました。

 

ですのでこれは交渉決裂してるのと同じなんですよね〜

 

---

こういう立場を利用した強引な交渉をしてきた60歳の営業さんと話したことありますが、仲良くしてたスタッフもみんな離れてしまったと嘆いていました。それは孤独への道ですからやってはいけないレベルの交渉となります。

これを知らない人はダメです。誰も幸せになりません。

 ---

 

 

ですから断ります。

その手は通じませんよ?というアピールになるわけです。

 

んでその部長とはどうなったかというと、

やはり予想通り私とは縁遠くなりました。

 

別に縁遠くなっても何の問題もありません。その人以外にも信頼できる人がたくさんいるのですから。

 

 

 

社内に対してもパワーゲームをしたりすると、その人の言葉がその人自身の言葉かどうかもわからなくなるので、個々人の関係性が育めないわけです(笑

 

この交渉術のレベルというのは大事で、

社内の人間関係の信頼にも響くと思うんです。

 

普通に信頼関係ができている相手に、

このお願いが通じるか通じないかわからないなんて思ってる交渉をしだしたら

「あぁコイツは俺のこと信頼してないんだな」と思われて当然でしょう。

 

んなの立場があれば「これやってくれないかな?」で済むことですよ。

多少スケジュールきつくても余裕でこなします。

 

 

こういう風に相手を信頼することがベースにあって関係性というのはあるわけですよ。

 

 

何でもかんでも交渉するしかないととるか、

信頼してお願いするか、それの見極めができるスキルってのも大事ですね。

 

そして交渉の際は、相手の弱点(譲歩したくないところ)と相手のカード、こちらの弱点(達成したいゴール)とこちらのカード(手の内)を見極めつつ、妥協点を探っていく、決定させる、ってのが重要なわけです。

 

これが分からないうちは、相手と決別するかしないかの交渉しかできないでしょう。

 

ですから下手な交渉人はNGを出されて、出した手も引っ込めらなくなり(プライドで謝れない)、その相手とはやりにくい雰囲気を作ってしまいます。

 

これを立場でカバーするってのは、交渉が下手だとしか言いようがない。

 

つまり相手に「これ断ったら相手との関係悪くなるなー」と思わせてしまうわけです。

そんなのはバカでない限りほぼ全員わかります。

交渉してる本人は自分の交渉が上手くいった!!と思ってるでしょうけどね。。

 

これは勝ちvs勝ちの交渉ではなく、

勝ちvs負けです。

こうなると、この人とやっていきたくないと思うので正直交渉成功は一時的でしょう。

そのあと待ってるのはリベンジです。

 

 

それよりも相手が自分の条件を飲んだらすごい良い感じになると思わせた方がいいし、その事でこちらも上がるような妥協点を作り出すのが、本当の交渉ですよね。

 

上手い奴ほど気持ちよくことが進むし、障害があっても信頼を得ていけると思います。

 

 

交渉というのは品格なのかもしれませんね。