ちょぼのひびおも

地方在住のちょぼの日々の思う事

冤罪というより厳重注意か

中学生が万引きの疑いで逮捕され事情聴取されたとの事件をテレビで見た。

ちょっとしか見てないからどこの中学とかどこの警察とかまでわからないしいつ頃の事件かもわからないけど元は古いようだ。

 

確か中学で万引きの疑いをかけられ自白を強要されたとのこと。

その際の録音。

それを聞いてあれこれ言うコメンテーター。

その冤罪的なことをされた中学生は別に鑑別所に入るわけでもなく、

そのまま高校に行けたとのこと。

コメンテーターは警察を非難していた。

 

でも俺は、警察はすごいなぁと思った。

なんでかと言うと、冤罪ででも捕まったおかげで、彼は更生できたと思うから。

 

だからすんなりと高校に行けたと思う。

 

例の暴力事件を起こしたディレクターも、実際に取り調べを受けるとあれこれ理由をつけて自分の罪はないと言い張るわけだ。

身近にいる人間がそうなのだから、

どんなに悪くてもそう言うでしょう。

心理学的には罪悪感が強ければ強いほど、ごめんなさいと言えないらしいのです。

人に謝れない。

謝ることができない犯罪をする者は逃げ口上の達人でもある。

なのでどんだけ言われても響かないし、聞く耳を持たないし、人を軽く見ている。

 

そこで、お前の人生、終わるんだぞ?今までのこともこれからも、一回の犯罪で終わってしまうんだぞ!謝れ!ここでやりましたごめんなさいと謝れ!!!

という強い教えは腐ってしまった人間をもう一度正しい道に戻すと思われる。

 

 

人に謝る、これはとても大事な事だなぁと改めて思う。

 

 

警察が逮捕するのは取り調べをして確保するだけであって、そのあと高校に行ってるにだから罪にはなってないんでしょう。

罪が確定されるのは裁判で判決が出たらの話でしょ?

逮捕されたからといって罪になるわけではなく、そこで学べることが多いのだから、その中学の若い彼は、他の二人にそそのかされて万引きをしたとかテレビではやっていたが、もう2度と関わらない様にしようなどと強い意志を持ってそそのかして来た人たちに言えたでしょう。

 

 

私はその事件、警察がいたおかげでその子は更生できたと思うし、そそのかされてやった万引きの疑いをかけられた息子のことを注意せず警察が悪いという親が愚かだなと思いました。

 

「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」

で君子危うきに近寄らずとも似てますが

怪しい人間らのせいにする、疑われた方が愚かなんです。自分の行動や態度が他人にどう見られるかもわからないのは愚かですから、その子は良かったのです。