ちょぼのひびおも

地方在住のちょぼの日々の思う事

対外意識とファッションと顔

社内のスタッフがおしゃれでキッチリしてるところと、灰色と黒で固めた目立たない人ばかりがいるところとで

色々あると思うんですが、

そのファッションと対外意識を考察していきたいと思います。

 

ファッションってのは自分を印象付けたり、自分が着たい服を着るという自己表現が第1段階にありますよね。

 

その次の段階で、その服を着ている人からどう思われるかって事も考えると思います。

なので礼服だったりスーツだったりのドレスコードがあるわけですね。

 

そして機能面としてはユニフォームの様にパフォーマンスをあげる様な節があります。

 

 

この第二段階、どの様に見てもらえるかってのはファッションの真髄だと思うんですね。

 

 

それでおしゃれな方々は概ね話すこともしっかりしていて、気持ちも組んでくれる方が多い様です。

また逆に、ファッションに無頓着な人にも優しい方などはいますが、どう見られても構わないしどう思われようが関係ない、自分さえ心地よければいいっていう方が多い様に思います。

 

 

デザイン関係でファッションがダサいというか、

見ててなんだよこの服って思う人はやっぱりそういう思考をしています。

デザイナーってのは気狂いで他人のことなんか関係ないんだ!って思ってる人ってことです。

 

これじゃあビジュアルコミュニケーションデザインとしてのデザインは創造されないですよね。

 

もちろん、際立って独創的なのがいいという人もいるのでそれを出されるとどうしようもないですが。

 

しかしデザインはマスターベーションではないため、やはり対外意識ってのは大事でしょうね。おしゃれってのはとても大事な部分だと思います。

 

 

それの典型が顔写真ですね。

 

知ってもらうってことですね。

 

自己中意識の中には他人は関係ないという自分一人のマインドになりますから、これだと罪悪感が結構あるんですね。(すみません心理学用語「罪悪感」をサラッと出しちゃって)

 

できるだけ自分の外に向かって開かれる時、

笑顔になったり、写真を撮ったりファッションを時代に即したものにするんじゃないでしょうか。

 

社内に向かう意識を外側に向けたいですね〜