ちょぼのひびおも

地方在住のちょぼの日々の思う事

タメ語のタイミング

タメ語のタイミングがその人と仲良くなれるかどうかの見極めポイントかもしれません。

 

「〜〜ですよね。」

と9割型敬語で喋る人が、

あるタイミングで

「これさぁ〜、ホニャララでさ〜〜」

とくると

結構イライラします。

 

タメ語の中に

「俺様はすごい」感が伝わってくるというか、

俺以外認めないみたいな上から目線を感じる。

おめえの考えなんか言う必要ねえって思いますよね。

おめえのジャッジなんなの?って思いますよね。

偉そう。

 

 

これが9割敬語でも、

例えば自分の住んでるところを「〜〜にすんでるから〜、ホニャララで〜」とくれば、なんだか好感持てるというものです。

 

大人になってからのタメ語の使い所ってのはかなり重要で、バカにするタメ語は嫌われると思う。

 

親しい感じをうけるタメ語は非常に嬉しいと言うか。

 

その辺の違いでその人の人気が決まるんだと思う。