ちょぼのひびおも

地方在住のちょぼの日々の思う事

ダメディレクターのお陰で仕事がつまらなくも面白くもなる

ディレクターがAD(アートディレクター)でもないのにデザインに指示出してくるのはお勧めしません。

 

 

それというのも、

人間、指示出せると勘違いすると

それを聞かない人間を快く思わなくなるものだからです。

 

ところがデザインのことよくわかってない上にしっかりと調べもしないので当然反発を食らう。

 

そして不貞腐れる。

 

だから指示出しする人間は愚かだと言わざるを得ないんですね。

 

んじゃぁ何するかと言うと、やってもらうようにお願いするのですよ。

 

これはできますか??

やってもらってもいいですか?

 

ってな具合。

 

 ーー

 

ダメディレクターは

「やってください。」

「やらないと殺すぞてめえ」

てきな感じだから

丁寧に慎重に建設てきに仕事するってことに重きを置かず

「俺の言うことを聞かせたい」というあらぬ方向にベクトルが向かっていく。

 

ますます要求はエスカレートして自分勝手なものを形成していく。

 

わざと反発されるようなことを試したりもする。

 

結果、誰の意見も聞かず好き嫌いだけ激しくなり、いろんなやつとぶつかり、

周りにはイエスマンしかいなくなる。

 

こうなるとその人に頼まれる仕事というのは基本イェスしかないわけで苦しくなるしつまらなくなる。

 

こういうタイプが「仕事なんてつまんねえ」というタイプです。

 

ーー

 

反対に、お願いできるディレクターはどうなるかというと、

お願いされるわけだからやってる方は嬉しくなる。必要とされてる感じがする。

 

ディレクターの方もお願いを聞いてもらえるから嬉しくなる。いろんなアイデアをもらえて期待以上のものが出来上がる。

 

結果としていろんな意見が出て面白い仕事になる。

 

ーー

 

世の中のウェブディレクターって9割馬鹿しかいないと思うんです。何も知らないのに偉そうにコーダーやエンジニアやイラストレターやデザイナーを使いたがる。

だからウェブディレクターっていう職種はクズの集まりだと思う。

だからこそしっかりした人は目立つし、その人は人気が出る。

そしてモテる。

 このしっかりしたウェブディレクターってほんと少ないと思います。

 

あなたはどちらのディレクターになりたいですか?

タメ語のタイミング

タメ語のタイミングがその人と仲良くなれるかどうかの見極めポイントかもしれません。

 

「〜〜ですよね。」

と9割型敬語で喋る人が、

あるタイミングで

「これさぁ〜、ホニャララでさ〜〜」

とくると

結構イライラします。

 

タメ語の中に

「俺様はすごい」感が伝わってくるというか、

俺以外認めないみたいな上から目線を感じる。

おめえの考えなんか言う必要ねえって思いますよね。

おめえのジャッジなんなの?って思いますよね。

偉そう。

 

 

これが9割敬語でも、

例えば自分の住んでるところを「〜〜にすんでるから〜、ホニャララで〜」とくれば、なんだか好感持てるというものです。

 

大人になってからのタメ語の使い所ってのはかなり重要で、バカにするタメ語は嫌われると思う。

 

親しい感じをうけるタメ語は非常に嬉しいと言うか。

 

その辺の違いでその人の人気が決まるんだと思う。

 

 

ダメディレクターは一番やばい

biztterというサイトを見ると、結構な頻度で出てくるダメディレ。

ダメディレクターがチームのやる気を削ぎ、人を会社の歯車化させ、自分だけ一人で威張ってるような状況になり、チームを潰していく。


さてディレクターに必要な資質ってなんだろう。


わたしが思うディレクター像は


1、自分ができないことがあることがわかっている


2、自分ができることでも立場が違えば任せることを知っている。(その際は監督する)


3、監督や監修をすること=製作物をジャッジしてダメ出しするではなく、お互いの関係性を築いていくことだとわかっている。


4、プロジェクトがうまく進んでないときは、ディレクターの責任で、自分のやり方がまずいと認識できる。


5、プロジェクトがうまく言ってる場合は、デザイナーやカメラマンやコーダーやプログラマーを立てる


6、安く早くではなく、高いものをじっくり作った方が総合的によいとわかっている。


7、いうときはいう。それが役職などの要因で黙っていた方がいいときでさえ言わなければいけないときは言える。職務としての立場をわきまえた発言をする。


8、派閥を作ろうとしない。好きな人は勝手に集まってくる。女子にモテる。


9、人に頼むことができる。自分ができないことをわかってるので、できない部分を全部頼んで信頼できる。


10、厳しいときには交渉してみる。


11、情報を全部製作陣に渡せる。相手が不安を抱いて製作物に疑問が出ないような配慮ができる。(できないディレクターは情報を共有しない)



こういうことができるのがいいディレクターだと思います。

勘違いディレクターがたくさんいると思いますが、少なくとわたしはそうしていきたいと思います!

シカトするディレクター

うちのアートディレクターという名ばかりのディレクターは、自分の手下にのみ仕事を振り、対等もしくは格上の人間には自分から関わらない。

関わらないというか、

おそらく彼は関われないのだろう。

だから口のきき方も中学みたいだし、仕事のレベルもいっつも同じで進歩がない。新しくない。

 

重度のコミュニケーション障害で、自分でもそう言って自分から殻に閉じこもる。

この自分で性格悪いからとか自分からコミュ障だからって布石打つやつは、関わらない方いいよね。

 

そして手下は、アホなADのアホな指示に「ありがとうざいます!」という。

 

もう頭の中が洗脳されてて、まともな思考ができないんだな。

そのクソADは一回辞めての出戻りでインハウス型で独立してるくせに、業務委託のくせに、社員だと勘違いしている。

境界性人格障害とコミュ障で、

話すこともエロいことと凶悪なことという、

一般的には気分の悪くなる話題のみを話す。

 

声もキンキンしており、いかにもキレそうなキャラを形成している。激情型じゃなくサイコの方ですな。

 

そんでそのADが認めないやつは手下揃ってシカト。ひどい集団をつくってるもんだ。無能が無能集団を形成し、ひどい仕事を楽しそうにしている。

 

こんな最悪な人間でも結婚してるし娘もいるという。

毎日毎日、業務委託のくせに深夜まで仕事してて、隣の女に入れ込んでるから、それもほんとかどうかわからんけどね。

 

ちなみにそいつ女しか仲良くなれない。

もしくは女のような男。

男とは上から接さないといけないから男からは嫌われている。

 

なんでこのようなやつをリーダー格にしているのか疑問である。

 

地方はこれだから嫌だよねー。

東京で仕事したらそんなことないんだろうな。

ウザい新人ディレクター

その人は20代の頃はスポーツのプロで、30になってからこりゃダメだと思ったんでしょう働き出し、前は派遣のコールセンターにいたらしい。

体は細く髪型はプロレスラーのようなツーブロック。正直バカ。声は軽め。薄い。

作る企画書は内容が浅く、なんも考えてないレベル。

電話応対もコールセンターやってきたという割になってない。

だから経歴詐称なんだろう。

 

そいつが、

昨日入ってきたばかりの女性派遣社員

当日から電話でろという。

 

相手が知らないからと言って2コール以内に出てというのは何事か。

 

そのディレクターは何度注意されてもイヤホンをして仕事をしている。仕事ができないくせして仕事できるフリだけはうまい。

自分は客先との折衝で声が震えるくせに、人にだけは言える。

 

こういう人間を採用してる人事がどうしようもない。最初の3ヶ月でわかるでしょうに。

 

申し訳ございませんと申し訳ありませんの違いは、、、

ズバリ、

申し訳ございませんだと、ビジネスライクに言える。

 

申し訳ありませんだと、若干罪悪感を感じる。相手にひれ伏す感じがする。

 

申し訳ないです、申し訳ありません、その印象と

申し訳ございませんという時の印象は、

なんだかございませんなんていう丁寧すぎる言葉は逆に慇懃無礼であって距離感が極端に遠い。

 

申し訳ありませんだと身近な感じがするけど謝られてる気がする。

 

でも申し訳ございませんだと、「こういう状況なんですけど了承してね」的に感じる。

 

だからこそいう方も気楽に言えるのではないだろうか。距離感を無視し、身近な人から一気に他人のクレーマーみたいな距離に置くのが

「ありません」「ございません」の違いでしょうかね。

2年経っても会社の人の名前が思い出せない

http://hrblog.basicinc.jp/entry/2016/12/22/192810

 

↑のブログ衝撃的でした。

 

まさに自分かと思いました。

 

「あのあれ、あのー、、、髪の毛の長いやつ、、、」

 

といって誰かが

 

「あー、グラディオラスね」

 

とか

 

「あの真ん中にあるあれ、あそこに行けなくて」

「メテオですか?」

 

とかなる。

 

この人のこと好きかなーと思った女性の名前も覚えられない時がある。

そういう時はお互いに覚えれないという現象が発生する。

そんな時俺たち合わないんだねという具合になる。

 

必要なものは覚えるでしょう、的な、

運命論的な立場にいて、

覚えてないということは必要ない、

みたいな感覚。

 

だから会議も、

自分がいる必要ない会議だったりすると眠くてしょうがない。

何いってるかもわからないし、口を挟もうともしないしこの人たちが何をしたくてこの時間を使ってるかが理解できない。

 

 

映画だと、好きな俳優は覚えるけど、監督の言わんとすることを感じ取り、監督名は覚えてない。

ただし、相当な数の映画は覚えられるけど、先に出た様に名前ではなく本筋で思い出す「あの主人公が何度も目が覚めて恋をするやつ」みたいな。もちろん監督なんて覚えないし興味ない。

 

自分が好きなのはエッセンスや本質、真髄、上品さであって、誰がどうしただのというのは全く興味がないのだ。

 

ADHDとかアスペルガーというコメントもあったけど、IQが高くメンサ会員で、誰よりも仕事ができている様で、社会的マナーも優れているとは思う。

仲良くなれる人は仲良くなるし、いろんな人とコミュニケーションとるし、店員さんとも気さくに仲良くなるし、あまり他人のことを分けて考えてない。

でも集団に対する見方は厳しくて特に今の会社は誰も信用してない。他人を分けて考えて、ごますりのご機嫌取りばかりでは私昼必要ないと感じるわけ。今の会社はリーダー格がチクったり集団で一人を追い込めたりとかする会社だからだけどね。

 

そんで細かい仕事の内容も大雑把に作ってそれでOKもらう。これが極めて早く、細々とした微修正とか文字校正なんて間違っててもいいだろ的な感じ。

そこは重要じゃないよねと。

重要なのはこの訴求だよね?的な。

文字とか名前とかはごますり野郎が得意な分野でだから営業のやつらが覚えればいいと思っている。

 

その営業の部分を俺らクリエイターに押し付けんじゃねーって思うから、クリエイターは訴求と斬新さとか時風にあるやつとかブレイクスルーのやつを狙えばいいだろうと思う。

 

役割分担でみるというか。

 

こういう人いますかね?