ちょぼのひびおも

地方在住のちょぼの日々の思う事

汝自身であろうw

会社で(なんでこの人こんなにイライラしてんだろう嫌だなー)と思っていたら、自分自身が怒りやすいからそう思うんだと、ふと、気づき、得心した。

ニーチェの言葉「あなたが出会う最悪の敵は、いつもあなた自身であるだろう。」

 

お前の嫌いな奴は

お前がその部分を持っているお前自身を嫌ってるからだろ

 

って。

 

和を乱す?改革?

うちの職場は正直レベル低いです。

 

正しいことが通じない。

私は独立してきたのでお客さんがどう考えるかはよーくわかりますし、どうやったらコーディングが効率化できるかも心得てます。

もちろんコーディングを見たデザインや、その逆にデザイン優先の場合コーディングでどうにか解決できないかを探れるくらいの力があります。

 

ですが実力ある人は、低レベルな集団では和を乱す人になります。

 

低レベルな集団からしたら敵なのです。真っ当なことが敵になるという。

黒からしたら白は異端児ですよね。

 

そんなことをこの記事を見て思いました。

http://www.caretomo.com/bbs/3668.html

 

灯台ってのは自らが光っているので周りは闇しかありません。それでも光り続けることで安全を守れるわけです。

 

和を乱そうが何しようがお前らはレベル低いんだよといい続けられるかどうかですかね。

 

私はこの職場に3年いますがやっと周りがわかってきたようです。

散々有る事無い事噂をばら撒かれ、話したことは尾ひれをつけて全員に広まるというクソ会社で3年。

耐えました^_^

 

和を乱すってのは黒の中にいる白からしたら当然です。

悪いのは周りです。100パーセントwwww

ドラゴンクエスト11を100時間プレイしてクリア

やっとこさドラゴンクエスト11をクリアしました。

 

(ネタバレあり!)

 

f:id:insight3939:20170916162426j:image

 

このゲーム、調べてみるとアンリアルエンジンを使っているのでグラフィックが綺麗なんですね。

 

どおりで空気感とかが伝わるグラフィックになってるわけだ。

 f:id:insight3939:20170916163419j:image

 

クリアした感じとしてはとってもよく練られてて本当に面白うゲームだったと思う。

FFもそうだったけどディザスターというかもう酷い世界の破滅みたいなのがリアルで、それが未曾有ゆう(みぞうゆう笑)の大災害を乗り越えていく日本人への共感の様で堀井雄二はすごい人だなぁと思うわけです。

f:id:insight3939:20170916163238j:image

 

君の名はでもタイムリープがあったけど

本作も副題にある通り「過ぎ去りし時を求めて」とのことで 

もう一度過去に戻るシーンあり。

 

泣いた。

 

泣いて泣いてヒックヒック泣いた。

 

時を遡り巡り会う仲間たち、

まるで二度目かのような主人公、

その前世からの記憶の様なシーンが随所にあり、泣ける泣ける。

 

主人公を取り巻く愛の物語と、それを歪ませ悪の象徴に仕立て上げる黒幕たち。

筆者も同じ様な経験をしたことがあったため、主人公の気持ちが痛いほどわかりました。

何もしてないのに悪魔の子と呼ばれた主人公。

その裏の愛。

そしていつしか、強く強く成長する主人公。

 

非常に感動しました。

 

んでクリアしたときのエンドロールもとても面白く、筆者はドラクエ1をリアルタイムでやっていたものですから、もう懐かしくて懐かしくて。

これもFF15と似てるのですが、これまでの冒険の数々が蘇ってくる様でした。

 

ドラクエの新作ってなん年ぶりなんでしょうね。

調べると

ドラクエ9が2009年7月11日

ドラクエ10が2012年8月2日

ということで、筆者は10をやってないので足掛け8年ぶりということです。

そりゃあ感涙ものですよね〜。

 

今作はシステムが3Dなのでそれが合う人はPS4

ドラクエっぽく楽しみたい人は3Dsでの方が良さそうです。

 

PS4はピピピピっと音が出るのは喋ってる感じがしていいですが、まじムービーだと単なる字幕で違和感しかないので、映像と雰囲気とどっちを取るかが重要です。

 

 

f:id:insight3939:20170916165030j:image

ただし、PS4版は怒った表情や目の動き、腕の表現など、おそらくドット絵では表現しきれないより自然なアニメ感がでているので一見の価値はあります。

 

ひさびさに子供の頃に何が好きでこの仕事をしていたかなどを振り返ることができ、つい忘れてしまいがちな子供の頃から続いてきた自分が自分の将来へ馳せる思いなども再確認できてよかったです。

(クリックするとAmazonで購入できます)

 

交渉と信頼は別w

筆者はしがないウェブデザイナーですが、

福山の「福のラジオ」を聴いて、

狡猾さとか交渉ごととかのことを言っていたのでちょっと気になってブログします。

 

 

うちの会社はそんなにポジションがあるわけではなく、社長、常務、部長クラス、リーダークラス、一般社員という感じです。

んでリーダークラス以上は基本全権を持ってるといっても過言じゃないです。

「リーダー以上」以外の人間が何かやれば煙たがられる。

(まぁどこもかもしれませんが、普通は個々人に発揮できる分野や役割があるはずです)

だから新人研修も部長がやるという間抜けなことをしだすわけですね(笑

 

私がこの会社に入った瞬間、こりゃやばいなと思ったのは新人に対して自分の持ってる権威で圧力をかけてきたときです。

 

f:id:insight3939:20170916154046j:image

(写真は黒革の手帖で交渉に失敗してるところ)

 

そんなに主張しなくとも、あんたが部長なのはわかってますよ、と私は思ってるにもかかわらずそしてそういう態度をしているにもかかわらず、交渉してきます。

 

そんなのバカじゃないんだからわかりますよね?

普通わかります。

 

ですからそういう単純な交渉ごとをされたときは断るようにしています(笑

 

f:id:insight3939:20170916154026j:image

 

 

スケジュールのきつい仕事を持ってきて

「できないなら、別の人にお願いしますが、、、どうしますか?」

という交渉です。

 

これ、対外にやる交渉でして、これを身内にやってきた時点でその人の交渉術のレベル感がわかるわけですね。

 

普通に頼めば飲むものを。。

 

 

私は独立してきてそういった下手くそな交渉してくる人間と何度も会い、その結果はほぼ支払わないだったりその時の約束はされないまますぎていくのがわかってました。

 

ですのでこれは交渉決裂してるのと同じなんですよね〜

 

---

こういう立場を利用した強引な交渉をしてきた60歳の営業さんと話したことありますが、仲良くしてたスタッフもみんな離れてしまったと嘆いていました。それは孤独への道ですからやってはいけないレベルの交渉となります。

これを知らない人はダメです。誰も幸せになりません。

 ---

 

 

ですから断ります。

その手は通じませんよ?というアピールになるわけです。

 

んでその部長とはどうなったかというと、

やはり予想通り私とは縁遠くなりました。

 

別に縁遠くなっても何の問題もありません。その人以外にも信頼できる人がたくさんいるのですから。

 

 

 

社内に対してもパワーゲームをしたりすると、その人の言葉がその人自身の言葉かどうかもわからなくなるので、個々人の関係性が育めないわけです(笑

 

この交渉術のレベルというのは大事で、

社内の人間関係の信頼にも響くと思うんです。

 

普通に信頼関係ができている相手に、

このお願いが通じるか通じないかわからないなんて思ってる交渉をしだしたら

「あぁコイツは俺のこと信頼してないんだな」と思われて当然でしょう。

 

んなの立場があれば「これやってくれないかな?」で済むことですよ。

多少スケジュールきつくても余裕でこなします。

 

 

こういう風に相手を信頼することがベースにあって関係性というのはあるわけですよ。

 

 

何でもかんでも交渉するしかないととるか、

信頼してお願いするか、それの見極めができるスキルってのも大事ですね。

 

そして交渉の際は、相手の弱点(譲歩したくないところ)と相手のカード、こちらの弱点(達成したいゴール)とこちらのカード(手の内)を見極めつつ、妥協点を探っていく、決定させる、ってのが重要なわけです。

 

これが分からないうちは、相手と決別するかしないかの交渉しかできないでしょう。

 

ですから下手な交渉人はNGを出されて、出した手も引っ込めらなくなり(プライドで謝れない)、その相手とはやりにくい雰囲気を作ってしまいます。

 

これを立場でカバーするってのは、交渉が下手だとしか言いようがない。

 

つまり相手に「これ断ったら相手との関係悪くなるなー」と思わせてしまうわけです。

そんなのはバカでない限りほぼ全員わかります。

交渉してる本人は自分の交渉が上手くいった!!と思ってるでしょうけどね。。

 

これは勝ちvs勝ちの交渉ではなく、

勝ちvs負けです。

こうなると、この人とやっていきたくないと思うので正直交渉成功は一時的でしょう。

そのあと待ってるのはリベンジです。

 

 

それよりも相手が自分の条件を飲んだらすごい良い感じになると思わせた方がいいし、その事でこちらも上がるような妥協点を作り出すのが、本当の交渉ですよね。

 

上手い奴ほど気持ちよくことが進むし、障害があっても信頼を得ていけると思います。

 

 

交渉というのは品格なのかもしれませんね。

 

 

気持ち悪い会社

うちの会社は気持ち悪い人間が沢山いる。

 

上から言われない限り何もしない。

上が見ていなければどんなひどい態度でも取る。

下のやつには挨拶しない。

下のやつは監視する。

下のやつはどんなに仕事ができる人でも仕事ができないように扱う。(つまりバカにして舐めた態度をとる)

ひどい態度をした結果、相手が怒るととそれを上司に噂をする。悪口を言う。

、、、という手順で相手をやり込める。

 

常に相手の弱点を探す。

親しくなるのは相手のネタを握るため。

そいつと仲良くなるということは彼らにとって格好のスパイ活動、諜報員になったと言うことで重宝される。

相談することは全部上司に筒抜け。

あいつはできないあいつはダメだあいつはすぐキレるなどなど、

自分が話を振ってるくせに相手のことだけをそう言う。

 

ターゲットが帰ると、机を漁る。モビングなどの集団犯罪に近い行為で、自分で漁って置いて聞かれたら「あなたの勘違いなんじゃないですか?」という。

 

最悪ですよね〜。

 

そのため社員同士の信頼感がなく、社内はシーーーーーーーーーーンと静まり返っている。

墓場。

 

 

こんな会社です。

こんな会社で数十年経営できてると言うのは逆に言えば凄いことです。

人として終わってる人間しかいないのに。

 

過去にこのようなひどい会社が無かったわけではないが、こう言う会社に何年もいるのは今回が初めてです。

 

仕事が出来る人はやめて行きます。

結果、仕事があるだけ幸せなんてだよ〜〜などと言って他人の足を引っ張って笑う人間ばかりがたむろって、そいつらが残って行き、リーダー格になっているわけですね。

 

一人は暴力を振るいました。

暴力ウェブディレクター35歳!!

もしかしたらその人は薬をやっているのかもしれません。

そいつは暴力振るっても謝りもせず社長も何もできず、のさばらせています。

そのくらい、もう、グレーというか限りなく黒に近いグレー。

黒いねずみ色です!!

 

どうやら警察沙汰になったみたいですけどね。今後どうなるか。

 

 

だんだんわかって来たんですが、

上司が偉そうに威張ってる会社だと

下っ端がスネ夫みたいにスパイになるんですね。イエスマンだけというか、そう言う会社は常に上から目線ですからバカにして来ますからね。

 

上司が威張ってないと、威張らなくてもみんな認めてくれるんで、周りのスタッフもそれなりに自主性を持った人たちが来るみたいです。

 

こういうのは面接の時にわかるんではないでしょうか。

 

それとスタッフが客に挨拶しないような会社はあんま良くないでしょうね。

 

 

IQ15違いの人とのコミュニケーションの件

https://anond.hatelabo.jp/20170906173422

 

にあったので買いておくけど、

筆者はジャパンメンサ会員でIQ145くらいあります。

 

今まで自分は何でこんなに仕事ができるのかと思ったことがありますし、なんで周りのやつはこんなに遅いし、考え方も回りくどいんだろうと思ってきました。

 

IQ高いとコンピューターのクロック数が高いのと同じく、かなり早い段階から考えを終了していたりして、さらに経験則が蓄積されものすごいスピードになっていたりします。

 

クロック数の違い

IQ50 ⭐️⭐️

IQ100⭐️⭐️⭐️⭐️(←ここが人口が一番多い)

IQ150⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

IQ200⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

IQ250⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

 

高ければ高いほど経験則やエッセンスから

もう地球のあらゆることが理解できるくらいの処理ができるんじゃないかなーと思います。

個人的にはですよ?

 

(ちなみにIQ190の友人はすごい優しいし理解してくれるし、IQ200の知人はやっぱり何考えてるかわからない事を考えてたりします)

 

 

ジャパンメンサに入ってると知能指数が高い人向けの研究者からのオファーが来たりして面白いんですがあんまり会合などに行ったことはありません。

 

 

んでノブレスオブリージュって概念があって、上位の人が下位の人に気を使うってのがあって、この辺がIQ20なり15離れたら会話が成り立たないと言ってるのだと思います。

 

どうしても気を使って言いたいことが言えなくて気疲れ起こします。一般的には。

 

車だって15km/h違ってたらどんどん近づいて抜かして行っちゃいますよね?

 

抜かしていく方はゆっくり近づいてくる物体に見えますし、抜かされる方は別に何も思わなくてもいいと思います。進路妨害するなら別ですが。

 

この車のたとえいいですね。なのでIQ50も違ったら、車で50km/h差と言ったらものすごく早いですよね?

 

早い方からしたら遅い車は止まっている物体みたいな風に見えるかもしれません。

 

相対的に見たらそうなんだろうと思います。

 

考え方もそのような感じで、もう何十年も前に完結したことを「今更?」みたいに話されたりすると、その人は今この瞬間思いついたことでしょうしこちらは知っているし其れを言ったら相手を傷つけるだろうと思い配慮するわけで、もう言えなくなるわけです。

 

相手を圧倒してしまう可能性がある人に向けては言えない。特に日本では。

上司に向かっては言えない。アホな上司の下でしか働けない。

なにせIQ150付近の人間は全人類の0.5パーセントくらいしかいないので1000人いて5人な訳ですよ。会社の中で大企業なら数人いるでしょうけど、殆どの会社では苦痛を味わうことになります。。。。

 

海外だと言えるんですよね対等なので。

 

なので日本では知能が高い人を扱えないと言いますよね。海外に行ってしまうんでしょう。

 

 

そんなものですので、

早い方が遅い方の一挙手一投足をよく見れるのです。

 

なので次に何をしたいかはだいたいわかるんじゃないでしょうか。仕事上では確実にIQ高い人が上の方がいいかと思います。

 

逆だと最悪です。

日本人は特にできる人を認めない風がありますんで、反発したがりますんで、

やってから理屈を学ぶっていう波長(周波数)では動かない人が殆どです。

 

頭でっかちで自分が理解してもなお動けない人が多い。

やってみないとその人のやって来たスピードややり方の奥の目的意識ってのは気づかないもんです。

 

んで黙ってると舐めてくるという、もう日本人って面倒。

 

喋れないんだなって思われるのかもしれませんがね。

 

「私が黙ってるのは、わからないからではない。貴殿を潰さないように気をつけているのだ。」

 

ですよ。騎士道です。これこそノブレスオブリージュですね。

 

なので黙ってる人はバカではなくてその人より頭いいか、IQ高いか、物事を知ってるかなんで「あなたの意見はどうですか」と聞きましょう。

 

同レベルだと話が噛み合うので話せます。

 

 

ということでですね、例に漏れずIQ高い筆者は止まってるんじゃないの?と思える車ばかりいる道路を今日も走ってます。

 

 

舐めてくる人間の特徴5つ

優しくて誠実で頼りになる人は

みんなに平等に接しようとするために

よく舐められます。

 

なんでこんなひどい態度を取れるんだろう?と思う時、許容して来た自分がいるわけですね。

斎藤一人さんも

「威張るのはダメだけど、舐められるのもダメ。威張らず舐められず」

といいます。

 

そこで舐めてくる人間を早い段階から見極めてきっちり対処していけるよう5つのポイントをおさらい

 

1、常日頃ちょっとおかしい

基本人間は心優しく素直だから、ちょっとのことなら許そうと思うのですが、

舐めてくる人間は不快なことのオンパレード。

足をすって歩いたり、

声がモゴモゴしていたり、

挨拶をしなかったり、

ちょっと態度がでかかったり、

ちょっとだけ人とズレてて不快な感じを受けます。やってる本人はこれをやって相手を見極めて何行っても大丈夫かどうかを見てきます。

 

2、馴れ馴れしい

そんなに親しくないし、そんなに時間が経ってないのにプライベートなことまでいきなり聞いて来たりします。私が言ってんだからあなたも言いなさいよ的な風にも取れます。

 

3、人によってコロコロ態度を変える

これはなんとなく分かると思います。

誰でも人によって態度は違うのはわかりますが、スタンスが自分とは明らかに違う場合があると思います。こういうのは要注意。人を見て接しているということになります。

 

4、ちょっと嘘をつく

嘘をついて相手を丸め込もうとし見抜けなかった相手を馬鹿にしようと試みます。

ちょっとの嘘を許容する優しさや穏やかな感じが彼らにとっては格好の的となるわけですね。

DVをしてくる人に共通するものとして、殴るふりをするというのがあります。

そうやって少しずつ相手を舐めて行きます。

デザインの現場だと「誰それさんがあなたのデザインいいと言ってましたよ!」で喜ぶ人を馬鹿にするわけです。嘘じゃない場合はその言葉に誠実さを感じると思いますが、嘘の場合は小馬鹿にしたような言い方や笑いながらだったりタイミングが早かったりします。

 

5、舐めた態度を取ってくる

ここで確定するわけですがふざけた態度を取って来ます。この時も何も言わなければもはやこいつは何言っても何しても大丈夫という認識をされます。

できればこの段階になる前に彼らとは距離を取り毅然とした態度で接したいです。

この段階になると相当に舐めきっているため、ちょっとの反撃でも逆ギレを誘います。

 

 

こういう風にエスカレーションしてくるんじゃないかな?と考えると最初の「ちょっとだけ疑問に思う態度をする人」というのはもう毅然と接したほうがいいわけですね。

 

舐められてはいけません。舐められているなと思ったらその人といるのが不快に感じますのでわかります。

そしたら目には目を、こちらは毅然と接しましょう。彼らに一切媚てはいけません。

ほんのちょっと1mmでも許容してはいけません。絶対に教えない関わらない。

 

他にも対等に接してくる良好な人間関係を築ける人はごまんといますので。